民泊運営で後悔しないためのタオル選びのポイントとは?

公開日:2022/07/15  


民泊を始めるうえで、タオルにもこだわりが必要だということをご存知でしょうか?インテリアや内装にこだわった民泊施設は多数ありますが、リネンやタオル類が安っぽいとおしゃれな印象も台無しになってしまうことがあります。宿泊においては欠かせないタオル。これから民泊を始めようと思っている方は、ぜひタオルにこだわってみませんか?

民泊を運営する際はタオル類にこだわろう

グレードの高いホテルに泊まると、タオルが気持ちいいと感じませんか?手頃な価格で宿泊できる民泊にタオルの質までは期待していない方が多いかもしれません。しかし思いのほか、タオルの質が良かった時には良い民泊先だったという印象につながるはずです。日中は観光、民泊先には寝るためだけに帰るという利用の方が多いからこそ、お風呂や朝の身支度で使用するタオルやアメニティはゲストが注目するアイテムです。

ホームページでおしゃれな部屋をアピールしている民泊が多い一方で、見えないタオルやアメニティを安いもので済ませている民泊は少なくありません。泊ってみたら部屋の雰囲気は良いのに、タオルはペラペラで吸水性も良くない、となればせっかくの良い印象が台無しになってしまいます。タオルは民泊施設の評価アップにつながる重要なアイテムです。正しいタオル選びで、収益アップを狙いましょう。

民泊運営で後悔しないためのタオル選びのポイント

タオルでほかの民泊施設に差をつけたいと思ったら、まずは質にこだわりましょう。宿泊先のタオルが、家で使っているようなタオルだったら、少しがっかりするのではないでしょうか。宿泊先では普段と違った特別感を求める方も多いでしょう。安く宿泊施設を提供している以上、備品質を上げていたら利益が出ない、できれば安く済ませたいと考えるのは当然です。

しかし、逆に言えばタオルの質を上げるだけでゲストの高評価につながり、さらに集客につながるとしたらどうでしょうか。ぜひ、タオルには費用をかけるべきです。ホテル並みの質まではいかなくても、吸水性に優れ、手触りが良く、しっかりした厚み、清潔感のあるシンプルなデザインのものにすると良いでしょう。安価なタオルより、高価なタオルの方が長く使用でき、安いタオルをすぐに買い替えるよりも、コストパフォーマンスが良い場合もあります。

タオル類以外でこだわるべき点はある?

タオルと同様にこだわるべきなのは、まずシーツやベッドカバー、枕カバーなどのリネンです。寝る時はやはり快適に過ごしたいもの。清潔感のある寝具はゲストにも喜ばれるでしょう。

また、宿泊で注目されるのが入浴時に使用するアメニティです。アメニティは質というよりも、欲しいものが置いてあるか、いないかという点が重要視されるでしょう。シャンプーやボディーソープは市販品でも問題はありませんが、外国のゲストのために英語表記をしたボトルに詰め替えるなどの心遣いがあると喜ばれます。

また、女性の洗顔やお化粧の際にあると便利なのがヘアバンドです。持ってくるのを忘れた、という時に備品として置いてあると助かるでしょう。タオルやアメニティ以外にも宿泊の際にゲストが快適に過ごせるよう、配慮することが望まれます。例えばWi-Fiは海外旅行では必須とされていますが、日本の街中ではWi-Fi環境は万全とは言えません。

そこで宿泊先で無料でWi-Fiを利用できれば株は上がるでしょう。最近ではポータブルWi-Fiの無料貸し出しをしている民泊も増えています。その他、地元の観光地を紹介するガイドブックやウェルカムドリンク、コーヒーやテーパックなど、ちょっとしたおもてなしの品が用意されていると評価アップにつながるかもしれません。

民泊運営を始めるまでの流れ

民泊を始めるならタオルやアメニティにはこだわるべき!という点について理解できたことでしょう。ここでは民泊を始めるまでの流れを簡単に解説します。民泊を始めるには、まずは営業許可申請が必要です。

民泊には主に3種類の形態があり、手続きの方法や申請先が異なりますので、事前に確認しましょう。

1つ目は旅館業民泊と呼ばれる形態で、自治体で建築基準、水質基準などの要件を満たしていて初めて保健所への申請が可能になります。

2つ目は特区民泊と呼ばれ、運営可能な地域が自治体ごとに制限されています。こちらは保健所の営業許可は不要ですが、自治体の認定が必要です。

3つ目は届け出のみで始められる民泊新法による民泊です。住宅の延長での運営が可能で、最も民泊が始めやすいタイプと言えるでしょう。消防設備や緊急時の対応基準を満たしているという証明書類の提出が必要になります。

これらの申請が通り、自治体や保健所の認定を取得できれば民泊の運営が可能になります。運営の許可を得られたら、忘れてはならないのが民泊サイトへの登録です。プロのカメラマンに撮影を依頼するなどして、民泊施設の魅力を存分にアピールしましょう。複数の民泊サイトへの登録もおすすめです。

 

質の良いタオルは、民泊において快適な宿泊につながる最高のおもてなしとなります。より良い民泊を目指すためにはタオルに限らず、自分がゲストの立場になったら、どんなおもてなしや気遣いが嬉しく感じるのかを考えてみるのがポイントと言えそうです。民泊新法の施行により、自宅の空き部屋を利用して民泊を始めてみたいという方も増えています。タオルやアメニティにもこだわって、ほかの民泊施設に差をつけましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

企業の販促品や粗品として配布されることが多いタオルですが、普通のタオルではなく、企業名やロゴが印字されているものを見かけたことがある方は多いでしょう。このようなタオルはどのようにして注文すれ
続きを読む
民泊を始めるうえで、タオルにもこだわりが必要だということをご存知でしょうか?インテリアや内装にこだわった民泊施設は多数ありますが、リネンやタオル類が安っぽいとおしゃれな印象も台無しになってし
続きを読む
野島タオル株式会社 住所:東京都中央区日本橋馬喰町1-6-16 TEL:03-3661-4147 「品質の高いタオルがほしい」「記念になるようなタオルを探している」というお悩みをお持ちではな
続きを読む